乳酸菌サプリとヨーグルト 効果

【乳酸菌サプリvsヨーグルト】効果が高いのはどっち?生きた乳酸菌の差

乳酸菌サプリとヨーグルト 効果が高いのは?

 

乳酸菌サプリとヨーグルト。
どちらが効果が高いのか?

 

 

 

そんなことをいっても乳酸菌の効果というのは、後からじわじわ効くというか。
ジョギングみたいなものですから、効果を実感することのほうがめずらしい気がします。

 

 

ただ理屈で話すのなら
【ヨーグルトのほうが信頼できる】
と自分は思っています。

 

まぁヨーグルトは乳酸菌を配合した食べ物の1つ。
一方のサプリは、手軽に乳酸菌を摂取できるものということで…。
どっちもどっちというか、一長一短があると思うんですが。

 

やっぱり現在はまだまだヨーグルトのほうが主流な気がします。
10年後20年後になると、変わっているかもしれませんけどねぇ。

 

 

 

 

 

ヨーグルトを販売しているメーカーのほうが大手

 

ヨーグルトを販売しているメーカーは大手なんですよ。
一方の乳酸菌サプリメントを販売しているメーカーの多くは聞いたこともないメーカーが多いです。

 

これがなぜかというと、ヨーグルトはスーパーの場所争いが激しいんですよね。
なので、大手メーカーのヨーグルトがよく置かれています。

 

 

聞いたこともないメーカーのヨーグルトなんて置かれないんですよ。
人によっては
「よくわからないメーカーのヨーグルトのほうが効果が高そう」
なんて思うかもしれませんけど。

 

そんなのなら、自分でヨーグルトを作ればいいんです。

 

 

やっぱりどんなものでも
「大手メーカーの食品のほうが信頼できる」
ところがあります。

 

知らない人から、食べ物をもらっても心配になります。
なので、ヨーグルトのほうが大手メーカーな分、信頼できます。

 

 

まぁ実績というのは積み上げていくものです。
よくわからないメーカーの乳酸菌サプリメントでも、その乳酸菌サプリメントが人気になれば…。
そこからメーカーの知名度が上がることもあると思います。

 

でも現状はまだまだ乳酸菌サプリメントは発展途上だと自分は思っています。

 

 

単純にいえば、ヨーグルトを販売している大手メーカーは昔から携わっているということで。
乳酸菌もいろいろ研究実績があります。

 

でも乳酸菌サプリを販売しているメーカーは、あまり聞いたこともないメーカーも多く。
乳酸菌の質よりも
「乳酸菌〇億個配合!」
「ヨーグルト〇個分の乳酸菌!」
みたいに、乳酸菌の量で攻めていることが多いのも、なんかいまいちですね。

 

乳酸菌の量にこだわるのなら、多く食べればいいだけですし。

 

 

 

 

 

ヨーグルトには生きた乳酸菌が必ず配合されている

よく乳酸菌は
「生きた乳酸菌を摂取するのが大事」
だと言われています。

 

ヨーグルトには生きた乳酸菌が配合されています。
なぜなら、生きた乳酸菌を使わないとヨーグルトができないからです。

 

 

 

ヨーグルトを作ったことがある人ならわかると思います。

 

ヨーグルトを作るためには
牛乳+種菌(生きた乳酸菌)⇒一定の温度で一定時間温める=ヨーグルト
こんな感じなんです。

 

つまりヨーグルトを作るためには、絶対に生きた乳酸菌が必要になります。

 

 

じゃあ乳酸菌サプリメントはどんなものかというと、栄養素を入れたタブレットやカプセルです。
つまり乳酸菌が生きていようが、死菌になっていようが、関係ないわけです。

 

乳酸菌サプリメントには
「生きた乳酸菌が配合されています!」
と言っている製品もあります。

 

でもそれが本当なのかどうかはわからないですよね。
もちろん嘘を言っているなんてありえない話なんですけど、乳酸菌サプリメントは死菌の乳酸菌を配合したものも多いです。

 

 

なので生きた乳酸菌が必ず配合されているであろう、ヨーグルトのほうが安心できます。
ちなみに牧場の朝みたいなヨーグルトは、生乳の量自体が30%らしいので…。

 

 

ヨーグルトなのかどうかも微妙なラインなので…。
そういうヨーグルトに健康効果を期待するのはどうかと思います。

 

 

ヨーグルトの中の生きた乳酸菌も、時間とともに菌が減るとされています。
これも説がいろいろあって、菌が減るとか、菌が増えるとか言われていますけど。

 

質の高い乳酸菌に関しては死菌になってしまうようです。
なのでヨーグルトを種菌としてヨーグルトを作ろうとしている人は
「消費期限まで長いヨーグルトを種菌としたほうがいい」
と言われています。

 

 

R−1ヨーグルトは、自分でヨーグルトを作る人の種菌としてよく利用されています。
それだけ新鮮な質の高い生きた乳酸菌を配合しているということなんでしょう。

 

 

自分で作るカスピ海ヨーグルトも、できたばかりのカスピ海ヨーグルトを1スプーンすくって、それを種菌として使いますからね。
できたばかりのヨーグルトのほうが、新鮮な菌がいるわけです。

 

「消費期限までまだあるからいいや」
と思って、なかなかヨーグルトを食べない人は、新鮮な乳酸菌を摂取するチャンスを逃しているのかもしれません。

 

 

 

 

 

乳酸菌サプリよりヨーグルトを食べるべき

もちろん絶対はありませんけど。
2016年現在では、まだまだヨーグルトのほうが効果が期待できると自分は思っています。

 

自分も毎日ヨーグルトを食べていますし。

 

 

乳酸菌サプリメントがヨーグルトに劣るわけではないです。
でも乳酸菌サプリメントは、やっぱりメーカーの儲け意識が見え隠れしています。

 

まぁヨーグルトでも、ヨーグルト以外の製品でも、商品というのは儲けるために販売されているんですけど。

 

 

ヨーグルトって、激しい競争の場所争いがされています。

 

 

激しい競争を勝ち抜いたヨーグルトがスーパーに並ぶわけです。

 

でも乳酸菌サプリメントは、そういった争いもないですよね。
乳酸菌サプリメントは、メーカー通販限定販売の品が多いですから。

 

 

あくまでヨーグルトvs乳酸菌サプリは自分の考えです。
自分もちょくちょく乳酸菌サプリメントを飲んだりします。

 

 

でも自分はやっぱり疑い深いんですよ。
医者のいうことだって
「本当にそうなのか?」
と疑ったりします。

 

もちろん、医者と対面しているときは、素直にうなずいていますけど。

 

 

ヨーグルトは、絶対に生きた乳酸菌を配合しています。
普通のヨーグルトなら、ヨーグルトを作るためには生きた乳酸菌は絶対に必要なんです。

 

 

その点で、自分はヨーグルトのほうを信用しています。

 

ヨーグルトは生物です。
乳酸菌も新鮮なんですよ。

 

新鮮なもののほうが効果が高いイメージがありませんか?

 

 

乳酸菌サプリメントは、いろいろなところで広告がでています。
なので
「効果が高いんだろうなぁ」
と思ったりします。

 

 

乳酸菌サプリを良く見せるために
「ヨーグルト100個分の乳酸菌を配合!」
なんてアピールしている製品もちらほらあります。

 

でも、結局アピールするだけならいくらでもできるんですよ。
ヨーグルト100個といわれても、なんのヨーグルトの100個分の乳酸菌なのか?
あまりにも抽象すぎます。

 

 

たとえば、自分はほぼ毎日ジョギングをしています。
そう聞くと
「すごいな」
と思う人も多いと思います。

 

でも実際にやっている時間は15分ぐらいです。
そう聞くと
「たいしたことないな」
と思う人もいると思います。

 

乳酸菌サプリメントは、とにかく効果が高そうなことをアピールするから、ヨーグルトよりも効果が高く感じる人も多いと思います。
でも実際は、ヨーグルトのほうが上だと思いますけど。

 

そもそも乳酸菌サプリって
【ヨーグルトを毎日食べるのが大変な人が簡単に乳酸菌を摂取するためのアイテム】
だと自分は思っていましたけど。


ホーム RSS購読 サイトマップ