新ラクトーンAと新ビオフェルミンS

【新ラクトーンA】新ビオフェルミンSとどちらが効果が高い?便秘効果の整腸薬

乳酸菌+ビール酵母のアサヒの整腸薬「新ラクトーンA」

アサヒから販売されている医薬部外品の整腸薬

 

新ラクトーンA

 

を紹介します。

 

 

新ラクトーンAは乳酸菌だけではなくビール酵母も配合されています。

 

アサヒといえばエビオス錠や、スーパービール酵母Zなどビール酵母を配合した胃腸薬やサプリメントも多くだしています。
この新ラクトーンAにも乳酸菌と一緒にビール酵母が配合されています。

 

 

ビール酵母は豊富な栄養素が配合されています。
栄養補給や食欲不振を改善する効果が期待できます。

 

 

 

新ラクトーンAに配合されている乳酸菌3種類

新ラクトーンAに配合されている乳酸菌は

  • ビフィズス菌
  • フェカリス菌
  • アシドフィルス菌

この3つであり、基本的には新ビオフェルミンSと配合されている乳酸菌は似ています。

 

 

ビフィズス菌は善玉菌を増やす効果が高いとされています。
フェカリス菌は花粉症に有効だとも言われています。

 

ただ新ラクトーンAに配合されている乳酸菌の種類に注目している人はそれほど多くない気がします。
新ビオフェルミンSもそうですよね。

 

乳酸菌の質には期待されていないが、手ごろに乳酸菌を摂取できる製品なイメージです。

 

乳酸菌をいろいろ配合している商品になればなるほど、1つ1つの乳酸菌に対しての注目度が減っている気がします。

 

 

 

 

 

新ラクトーンAは粒に癖がある

 

この新ラクトーンAは味やにおいにやや癖があります。
ビール酵母を配合した商品はややにおいがでるんですよね。

 

水で飲むにしても、抵抗がある人がいるかもしれません。
特に女性は新ビオフェルミンSの粒のほうが癖が少なく好む人が多いと思います。

 

 

食後に6粒飲むのを、1日3回ということで
1日に合計18粒飲むことになるのも新ビオフェルミンSと比べると飲む量が多いです。

 

新ビオフェルミンSは1回に3粒。
1日3回の合計9粒ですから、新ラクトーンA錠の半分ですみます。

 

 

ただ、新ラクトーンAは乳酸菌のほかにもビール酵母が配合されています。
新ビオフェルミンSよりプラスαな要素があります。

 

医薬部外品ということで、ドラッグストアにいってもよく見かけます。
人気はあまり高くないように感じますが、よくできた製品だと思います。

 

【新ラクトーンA販売店一覧はこちら】
新ラクトーンA

 

【新ラクトーンAの口コミはこちら】
新ラクトーンA口コミ

 

2015年10月現在の新ラクトーンAの評判
口コミ数⇒235件
平均評価⇒4.3点

 

★★★★★  | 142人
★★★★   |  46人
★★★    |  24人
★★     |  14人
★      |   9人

 

 

 

 

新ラクトーンAは乳酸菌よりもビール酵母に注目してしまう

新ラクトーンAはどうしても乳酸菌を配合した製品というよりビール酵母の整腸薬というイメージが強いです。

 

アサヒというメーカーの製品では、エビオス錠の知名度が高いです。
どちらかというと、新ビオフェルミンSよりエビオス錠と比較されることが多いかもしれません。

 

 

乳酸菌+ビール酵母というのが特徴の新ラクトーンA。
案外ビール酵母は配合しないほうが
アサヒの乳酸菌を配合した整腸薬
と引き立って、人気がでたかもしれませんね。

 

ビール酵母を配合してしまったせいで、中途半端な感じがでてしまっている気がします。

 

 

新ラクトーンAは整腸薬としてあまり知名度が高くないです。
いくらアサヒという大手メーカーの整腸薬だったとしても、他のメーカーの整腸薬を選ぶ人が多い気がします。

 

 

 

 

新ビオフェルミンSと新ラクトーンA

新ラクトーンAは新ビオフェルミンSと比較されやすいです。

 

 

いろいろ理屈で説明している人がいますけど。
そういうのは重要ではないと自分は思っています。

 

 

簡単にいうと、新ビオフェルミンSと新ラクトーンAの違いはビール酵母が配合されているのか、いないのかだと思います。
「乳酸菌の種類が違う!」
という人もいますけど、乳酸菌は種類が違っても結局は乳酸菌ですから。

 

オレンジジュースも、グレープジュースも、味は違いますけど、どっちもジュースです。

 

 

新ラクトーンAのほうがビール酵母を配合している分お得に感じるかもしれません。

 

 

ただ人間って不思議なもので
【いろいろな特徴を持っている製品って弱く感じる】
んですよ。

 

実際新ラクトーンAや新ビオフェルミンSも3種類の乳酸菌を配合していますけど。
もし1種類だけの乳酸菌を配合した整腸薬があったら、その1種類のだけの乳酸菌のほうが質が高そうに感じますよね。

 

 

なので、新ラクトーンAのメリットでありデメリットは、ビール酵母を配合している点だと言えます。
そしてビール酵母を配合した製品にはエビオス錠があるので…。

 

 

新ラクトーンAはどっちつかずなイメージがある分、人気が高くないように感じます。
なぜかアマゾンで最近は評判がいいんですけどね。

 

【新ラクトーンAのamazon口コミはこちら】
新ラクトーンA口コミ

 

どちらがいいのかなんて、絶対的な答えはないです。

 

でも乳酸菌の効果に期待した製品を求めているのなら、新ビオフェルミンSのほうがイメージが良いです。
新ラクトーンAはビール酵母を配合している分、どうもイメージが悪いような。

 

 

乳酸菌でも、いろいろな効果が発表されているより、1つだけの効果が発表されているもののほうが注目しますよね。
たとえばR-1ヨーグルト。

 

 

1073R−1乳酸菌は、免疫力を高めるインフルエンザに対する効果が有名です。
それ以外の効果はほとんど発表されていません。

 

その関係で、R-1ヨーグルトはインフルエンザが流行する季節になると注目を集めるところがあります。

 

 

1073R-1乳酸菌のほかにも、インフルエンザに有効な乳酸菌ってたくさんあるんですよ。
でも、それらの乳酸菌ってついでみたいな感じで
「インフルエンザにも効果があることが判明しています」
みたいな感じだから、あまり注目を集めないように感じます。

 

 

でも結局イメージな点の話であって。
新ビオフェルミンSと新ラクトーンAでは、新ラクトーンAのほうがいろいろ配合されている分お得な気がしますけどねぇ。

 

うちの親も毎日飲んでいるのは新ビオフェルミンSですからね。
やっぱり知名度的に、新ラクトーンAはちょっときついと思います。

【新ラクトーンA】新ビオフェルミンSとどちらが効果が高い?便秘効果の整腸薬記事一覧

ビール酵母を配合した整腸薬

新ラクトーンAは乳酸菌のほかにもビール酵母を配合した整腸薬です。アサヒというサイトは、ビール酵母を配合したサプリメントをよくだしてますからね。ざっと名前をあげるとエビオス錠スーパービール酵母Zアミノゲットなど、聞いたことがある製品がある人もいるのではないでしょうか。ビール酵母の効果とは?麦汁の栄養素...

≫続きを読む

 

医薬部外品の新ラクトーンA

新ラクトーンAは指定医薬部外品の整腸薬です。医薬部外品なので、整腸薬という分類になっていますがその実態は3種類の乳酸菌乾燥酵母ビタミンB1・B2これらを配合した粒です。なので、副作用の心配はほとんどないでしょう。乳酸菌には副作用の心配はほとんどありません。とりすぎると、おなかがゆるくなることはあるか...

≫続きを読む

 

いまいち人気がない新ラクトーンA

新ラクトーンAほど話題にならない整腸薬もないように感じます。販売しているのはアサヒということで、アサヒが販売している代表的な製品にエビオス錠がありますが、これはネットでもよく話題になっています。新ラクトーンAの広告が少ないというのもあるのでしょうが、新ラクトーンAはよくできた整腸薬だと自分は思ってい...

≫続きを読む

 

人気はないがおすすめの整腸薬「新ラクトーンA」

新ラクトーンAは人気はあまりないイメージがありますがよくできたいい整腸薬だと自分は思っています。おすすめの整腸薬です。新ラクトーンAの整腸薬の口コミや体験談をみても満足している人が多いのに、なぜか人気がでません。新ラクトーンAをおすすめする点としては乳酸菌もビール酵母も配合価格が安い販売しているメー...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ